新着情報


トップページ > 新着情報 > 三山ひろし取材会レポート

三山ひろし取材会レポート

三山ひろし、3年ぶり4回目の新歌舞伎座・座長公演!!
芝居と歌で届ける"いごっそう"魂。今こそ生の魅力で喜びを!

20220520info01IMG01.jpg

演歌歌手の三山ひろしが5月20日(金)から31日(火)まで、大阪・新歌舞伎座 にて3年ぶり4回目の座長公演を開催。三山ひろしが火消し役に扮する芝居「いごっ そう纏 天までとどけ!!」と、「みやまつり2022~名曲100年!歌絵巻!~」と題し た「三山ひろしオンステージ」の二部構成で届けられる。この公演の発売を前に三山 ひろしが意気込みを語った。

――新歌舞伎座での3年ぶり4回目の座長公演が決まった時の心境は?

三山ひろし:やっとお芝居ができるようになったなと。コロナがまだ予断を許さない ところではありますけれど、お芝居と共に歌の世界をお届けすることができるってい う事が正直とても嬉しかったです。昨年はコンサートだけの公演をやったんですけ ど、せっかくの劇場公演ですし、今回の内容のように新歌舞伎座のステージでは、お 芝居を楽しんでいただいて、歌も聴いていただけることが魅力の一つだと思います。 共演したことのある役者さんとも久しぶりに会えますので今から楽しみがとまりませ ん。

――第1部のお芝居で火消し役に挑戦されるということですが、みどころは?

三山ひろし:台本は池田政之先生の世界観が詰まった、僕の最も大好きな人情喜劇で す。人と人とのぬくもりや、絆・愛情を感じさせながら笑いもあって人間くささもあ る...そんな世界観を今回火消しのお話で作っていただきました。タイトルの「いごっ そう纏」にもある「いごっそう」というのは故郷・高知の土佐弁で「一本気な性格を 持つ男性」のこと。高知・土佐と大阪、この両方のその当時の姿、火消し文化のこと などが垣間見えたりするのが今回の作品の面白いところですね。僕自身高知県出身 で、土佐弁もでてくるので「方言指導は三山さん、お願いします」と言われています (笑)

――三山さんご自身の性格として「いごっそう(一本気)」なところは?

三山ひろし:私は本当にそのままだと思います。高知の人は「やりだしたらやる。で きんがやったら手ぇだすな」というように、できそうにないことは口にださなかった り、手を付けなかったりするんですけど、やりだせば絶対に最後までやり遂げる。と いう本当に一本気な性格の方が多いです。僕もその中の一人で完全に"いごっそう" ですね。

――お芝居はどんな風に歌に活きていますか?

三山ひろし:歌の世界は昔から「3分間のドラマ」だと言われていて、5分の演劇を 歌い演じるのがまさに『演歌』。お芝居をやることで一つの作品に対する造詣の深さ がずいぶん変わってくると思うんです。お芝居を観てインプットするだけでなく、自 分が役者として演じることでインプットとアウトプット両方ができるので、すごく身 に染みて作品と詞の世界の理解度が深まり、自分の歌に良い影響がでるのではと思っ ています。


――第2部のオンステージ「みやまつり2022」の見どころも少し教えてください。

三山ひろし:「名曲100年!歌絵巻!」とサブタイトルがついていて、色々な楽曲に チャレンジします。童謡も含めて抒情歌・唱歌、それから演歌・ロック・POPS......だ いぶん変わってきた音楽の世界を、この100年で考えるとすごく面白いショーになる んじゃないかなと思います。
自分の演歌はもちろん、カバー曲でいうと『ブルー・シャトウ』『シーサイド・バウ ンド』というような〝GS世代″が沸き立つような楽曲であったり、昭和の巨星・三 橋美智也さんや三波春夫さんなど...そういった方の歌だったりも含めてお届けさせて いただきます。私がこの公演で歌いたい歌、皆様からのリクエストを含めて選曲には 苦労しましたが、皆様に満足いただける内容になっていると思います。

――恒例のけん玉に対する想いを。

三山ひろし:けん玉は単なる伝承遊びではなく一番身近に達成感を感じることができ る、そんなスポーツだと思っています。簡単な技でも一つ一つ積み重ねていくことで 自分に自信をつける事ができる。また、けん玉には「あわてず、あせらず、あきらめ ず」という3つの「あ」の精神があって、焦っても歌は届かないですし、背伸びして 慌ててもいい歌を歌えない。演歌の世界でもそれがぴったりくるんですね。けん玉は ライフワークで5段を目指し頑張っています。来年が15周年なので、そこでなんと か5段を獲得したいですね。


――新曲の『花恋歌~はなれんか~』はどういった楽曲ですか?

三山ひろし:男性と女性の間柄を歌った曲で、周りから離れなさいと言われても離れ られないという様を女性の目線で描いた作品、このコロナ禍でもこういう歌を聞いて いただければ何か心の距離が縮まっていくんじゃないか、というようなあたたかい曲 です。僕自身が家庭を持っていることもあり、何かそういう歳の取り方をしたいな、 と思えるような歌。困難や苦労があったとしても二人寄り添っていつまでも人生坂を 歩んでいきましょうという歌なので、聴いてくださったご夫婦がまたお互いのことを 想いあう...人と人との間を繋ぐ新たなツールになるんじゃないかと思える大好きな曲 です。


――大阪・新歌舞伎座のお客様の印象と最後にメッセージを。

三山ひろし:僕はなにより新歌舞伎座への想いがとっても強くて。まだ早いだろうと いう時期から座長に抜擢いただき、初めて「劇場公演」をやらせていただいたのが新 歌舞伎座。その恩返しをしたい気持ちがすごくあるんですよね。初めて舞台に立たせ ていただいた時も、まぁとにかく大阪――関西圏の皆様のあったかさが印象的でし た。返ってくるレスポンスが、こうと言ったらこう!という「間」を皆さんが把握し ているという...あれはすごいです。それでもってあたたかく迎え入れてくれるので、 何をやっても喜んでくださったり、泣いてくださったりするんですよね。逆に僕は ちょっと気を付けなければと思っていて。やさしいから甘えてはいけないと。だから 常にお芝居でも毎日、極端に言えば昼と夜とでも何か変えてみたり工夫しながらお客 様に活きた芝居を見てもらいたいと思いながらやっています。そしてそれを観ていた だいたお客様の喜びが自分の癒しになっています。
今回4回目になります三山ひろしの特別公演、お越しくださるお客様にはもれなく笑 顔になっていただいて、お帰りになる際には「楽しかったなぁ、また観たいな」って 思っていただけるようにお稽古させていただこうと思います。ご来場いただき「やは り、生のお芝居はいいね」と涙を流したり、思わずお腹を抱えて笑ってしまったり、 そういう人間の楽しみみたいなものを感じていただいて、お客様自身の生活の一つの 喜びに変えていただければそれ以上幸せなことはないですね。

20220520info01IMG02.jpg

このページの先頭へ


公演に関するお問い合わせはお気軽にお電話(06-7730-2222)で

演目・出演者・日程・料金等は変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。

当サイト内に掲載の内容・写真等、一切の無断転載、使用を禁じます。